スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 刀兵劫抄(第3次世界大戦) その2

   刀兵劫抄(第3次世界大戦) その2
「冥きより冥きに迷う人心、遥かに照らせ山の端の月」
人間は現実において、暴力戦争の行わるる世界においては、完全に平和の光明を見失うたけれども、それにもかかわらず、平和の光明を求むる心は、どうしても捨てきれない。
平和を求むる心は、清水が大地から湧いて出づるがごとく、混混として昼夜を捨てない。冥きより冥きに迷う人心には、思想・希望の彼岸に高く、平和の光明を仰ぐよりほかに、詮方はない。
貪欲、瞋恚・猜疑の煩悩の重なる山の端の月の光明は、はたして今宵、文明絶滅の恐怖に戦慄する地上に、光明を照らし出すであろうか。
解答を与うるものは、人類、現在の文明においては、宗教よりほかにはない。なかんずく仏教は、この解答を与えんがために説かれたるものである。
釈迦牟尼世尊の出世の本懐とは、即ちこの解答である。
妙法蓮華経 如来寿量品 第十六に曰く
「衆生劫尽きて、大火に焼所るると見る時も、我がこの土は安穏にして、天人常に充満せり。園林諸の堂閣、種々の宝をもって荘厳し、宝樹花果多くして、衆生の遊楽する所なり。諸天天鼓を撃って、常に諸の伎楽を作し、曼荼羅花を雨らして、佛及び大衆に散ず」
一閻浮提の一切衆生は、不幸にして三千年の昔、天竺の霊鷲山において、教主釈迦牟尼世尊が警告し給いし、一閻浮提に遍満せる大火に焼かるる時が来た。その火は三界の中、天上、地界、水中ともに、大火が一時に起こって、いずれの方に向かっても、出離解脱の門はない。
これを衆生見劫尽(しゅじょうけんこうじん)の時という。
この時にあたって、唯有一門の解脱出離の門が開かれてある。この一門は如来の秘密神通之力であり、高祖日蓮大聖人、末法応現の使命である。三界火宅を出離する門を、唯有一門と限定されてある意味は、民主主義にも、共産主義にも、ソ連にも、米国にも、およそ闘争を合理化し、戦争行動を肯定するところには、出離解脱の門は、絶対にないという意味である。
所詮、この地上の暴力に対するに、暴力をもってしては、冥きより冥きに迷う人心である。
暴力とは正反対は柔和である。原子爆弾とは正反対な諸天撃天鼓の妙音である。略奪でなくして、布施であり、闘争でなくして、忍辱であり、憤激でなくして、柔和である。殺人でなくして、礼拝である。
仏法の六波羅蜜、四無量心(慈・悲・喜・捨)は過去の菩薩行ではない。三界火宅出離の門として、ふたたび地上に開かれねばならぬ。
        ( 昭和二十五年八月)





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。