スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出家の功徳

法華経の中に、世の中の闇を照らすために、御題目=南無妙法蓮華経を伝える人が出るという御経文があります。日蓮大聖人様は、この経文を御覧なさって、「この文の心、よくよく案じさせ給え」と言って深く考えなさいました。法華経が、現実の我が身によって社会に生きていくわけであります。その仕事をするには、やはり出家という生活が一番思うように行きます。
善いことをしようと思えば、誰にもはばからずにできます。家庭があれば、親を思い、子を思い、それからまた、生活のことを考えねばならない。ただ善いことだけをするには、出家は生活の問題もなければ、家庭の問題もありません。どんなにでも、心のままに善いことができます。これが出家の功徳であります。
今、日本山にいく名かのお弟子がおりますが、この人々が世界に足跡を残して、やがて来るべき世界平和の基礎を作りつつあります。そういうことを世間が認めました。善いことでありましょう。末法という、世間から仏法がなくなった時に、仏法の中に入って、困難を排除して法華経を弘めていく。一人一人つかまえて説教しなくても、この仕事そのものが、世界を動かして行く基礎になります。こういうことをするのが、我々日蓮大聖人様のお弟子のお仕事であります。
(昭和五十七年八月六日 広島道場御誕生会)


出家者

出家者

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。