スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

維摩居士

維摩居士のこと
御釈迦様の御在世に、維摩居士と言うのがお見舞いに出てきます。これはビシャリ国でありまして、そこで維摩居士が病気になりまして、お釈迦様のお弟子様が行きます。そうしますと、どうも維摩居士からみんな叱られます。迦葉・舎利弗・目蓮・叱られます。みんなその時、迦葉をはじめとして。十大弟子がみんな呵責を受けますが、その時に小乗経の悟り、阿羅漢様の悟り丁度蛍火とお陽様との違いのようだ、といって譬えられたのがあります。
蛍火くらい。個人道徳の完成を、個人の救済を主に説かれました。これが小乗経、ヒナヤナであります。維摩居士は大乗経の菩薩でありますから、不思議な神通を現じます。その中で、小さい小屋みたいな所で維摩居士は寝ておったんですが、そこへお弟子さんがお見舞いに行って心配しますのは、こんな狭い小屋に大勢のお釈迦様のお弟子方がお見舞いに来ることになって、この小屋がどこにいれば良いだらうか。
文殊師利菩薩が見舞いに行きます。叱られないんですけども、維摩居士の病気見舞いに行きます。
そうして長い間お話をされておられました。時が来ましてお腹が空きました。さてこれはみんなご飯はどういうふうになるだろうかと心配しました。そうすると、また叱られる。「お前何考えているか、ご飯は香積世界という遠いお浄土から仏様が運んで下さる」そんなことは個人の世界では判りません。けれども運んでいただいたのでみんな御供養に預かりました。
けどもこの維摩居士のお話を今日我々現実のこの場で覗めますと、そんなこともお釈迦様の時代にあったかなと思います。小さいこの山の小屋でありますけれど、そこにやたらに大勢やって参ります。「どこへ泊めるか」とみんなランカの人々が心配します。「ここへ泊める」「入るだろうか」「余った者は庭天幕を張って泊める」余らない、丁度いい塩梅になる。「食べ物はどうしますか」という。
「水を飲ませる」つもりでありましたけれども、香積世界から運んでくれる。けれどそんなこと宛にした訳ではありませんでした。ただ何でも3日ばかりこの山に泊めたいとばかり考えておりましたけれども都合よく運んで行きます。
で来年は賑やかに日本から参られますけれども、今度は、皆様方がお客様方を優遇してあげねばいけません。みんなは小屋もあれば台所や食堂、それから浴室やらそんな所に入って、お客様をここに泊めてあげる。そうすると喜ぶかもしれない。そしておご馳走は、ランカのお料理。ここのお料理もランカのお料理のように相当辛いんですけれども、少しその日本の人は用心を心して下さい。咳き込んでしまう。私なども、みんな少し咳き込むかもしれません。でも病気にはなりませんから、水でも飲んで口の中を冷やしていけばよい。
(昭和52年10月26日)

維摩居士

維摩居士
スポンサーサイト

さようなら原発集会


9・19「さようなら原発集会」~6万人が参加



放射能汚染

放射能汚染

福島第一原発事故に伴うセシウム137の大気降下状況(積算沈着予測)(2011年3月12日5:00~5月1日0:0... on Twitpic

http://twitpic.com/6lnsx2

放射能漏れ

【放射能漏れ】

「首都圏の3千万人も避難対象」 菅前首相が最悪予測明かす。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110918/plc11091816090005-n1.htm

放射能と人体

放射能と人体

東京の多摩地域の産婦人科のクリニックの情報です。そのクリニックは年間出産数が四百人弱。月間で六十人程度出産されるそうです。その際に、畸形や死産なども含めて出産の何らかの異常がおきる割合は、年間1人か2人程度。0.5パーセントくらいだそうです。ところが今月既に3人でそのような状況がおきはじめているそうです。『9月は始まったばかりなのにもう三人もそんなことになり今後を心配しております』

http://bit.ly/rlYDRr

放射線衛生研究

放射線衛生研究

たまに汚染食品を食べても大丈夫か?
たまには汚染食品を食べても大丈夫だろう、と考えている人も多いと思います。
ぼくもその一人だったのですが、実際に大丈夫かを2年間シミュレーションしてみました。
体重70kg、セシウム100Bq/kgの食品200gをときどき食べると、その蓄積はグラフのようになります。
・生物学的半減期を70日とした場合

http://yocaki.tumblr.com/

日本癌発シンジケート図鑑

【日本癌発シンジケート図鑑】だそうです。

http://twitpic.com/6kpalx/full

開教

開教ということは、大勢の力でやるものではありません。ただ一人から始まるのであります。日本の仏法、伝教大師も弘法大師も道元禅師も、いずれも中国で法を受け、あるいは習って、日本で教えを広められました。ただ日蓮大聖人の仏法のみが中国からも習わず、インドからも習っておりません。

仏滅後二千二百二十五年の間、一人も唱えずに、日蓮大聖人様お一人、初めて南無妙法蓮華経と唱えいだされました。この日本の仏法を海外に広めるのであります。日本の仏法を伝えるということは、彼の国の文化を開くこととなります。言い換えると、世界の人々の心を平和に導いて行くという大きな仕事であります。

皆様方も、己の生涯というものは自分で決めて行くものでありますが、尊い仕事をなさってください。臨終の時、振り返って見て、この娑婆で何をしてきたか、自ら考えねばならない時がまいります。どなたでも、尊いお仕事をなさろうと思えば、出来るはずであります。誰一人なさない時に、一人立って為せば出来る。

昨今、妙な世迷い言がうわさされております。それは一切衆生は劫尽きて大火に焼かるる直前、もはや人類は明日にも全滅するなどと言う噂が聞かれます。

そして、その噂が、みな自分たちの身に降りかかって来た災難のように、今日の人は考えております。馬鹿げたことでありますが、今時はそういう時になりました。これを「われ一人のみ能く救護をなす」という仏様の誓願を信じまして、その教えを広め人類を救うという大きな仕事に、我が一生を捧げる。そして我がこの五尺の体でなして行く。

「衆生済度」ということは、それが人間の大きい喜びになります。人間を救うことであります。形のないこころの救いを施さねばなりません。これを仏様にお残しいただきました。と信じまして、衆生に伝えていきます。これが出家のお仕事であります。

(1974・4・20 吉野山にて)

輿 船 田 中 書

輿 船 田 中 書

 防衛庁の目的は日本国土と日本民族とを戦争の惨禍から免れしめんが為である。
アメリカ軍隊の駐留及び英軍事基地設定も亦此目的に外ならないものと云はれる。
 此の如き軍事的目的は世界各国何れも長い期間採用して来た常套手段であつた、併ら今日に於ては其等の軍備戦争機関は再検討を要する時となり、明日の安全と平和とを護らんが為には別の方便をエ夫せねばならなくなつた。
 戦争の原因は人の心である、国際間は相互に不信と猜疑と対立に憎悪と恐怖との心が積み重なれば結句国際的戦争行為をひき起す。
 日米安全保障条約は正しく戦争誘発の條約である。「在日米軍は一又は二以上の外国による教唆は干渉に由て日本国内に引起されたる大規模の内乱騒擾の鎮圧、外部からの武力攻撃に対する日本の安全の為に使用する」。
 近い将来に於て何等大規模の内乱及び外部の攻撃を予想されないにも係らず、日本国内にアメリカ軍の駐留を請ひ、一方的な軍備を強化する事は国内的には内乱騒擾を、国際的には徒に外部の侵略を想定して内外ともに不安と混乱とを増長せしむるに役立つのみである。
 行政協定は米国の陸海陸三軍の基地を此狭隘なる日本国土の内外に無制限に無数に設置し、其費用は日米折半に負担し、交通々信電力を侵略的に米国に使用せしむる協定である。
 日本国は開闢已来斯る屈辱を被らざりし歴史的尊厳、日本の神聖を信じて来た民族であつた。然るに此協定に由て、国土の神聖は侮辱せられ、農民の農園、漁民の水域を侵略して彼等の生活を破壊したるものがアメリカの軍事基地である。但だ彼等民衆の生活が破壊せらるゝのみならず、社会道徳習慣は踏み躙られ、婦人は堕落させられ、男子は軽賤せられ、其害毒は遂に忍び難きに到つて無辜の農民漁民の苦悩の叫び声は全国津々にたかまりつゝある。
 貴官今にして猶且耳を掩ふて農民漁民の苦悩の叫び声を聞くことなくして、世界に比類なきアメリカの飽くこと無き侵略を助長せしむるならば、結句日米両国間相互信頼の感情を喪はしめ、却て両国相互に嫉視反目の禍因を作るであらう。
 貴官は少くとも日本民族の苦悩の叫びを告げて.アメリカの横暴貪婪を阻止して基地の返還を強剛に要求することが貴官の天職である。斉く近代国家の苦悩とする所は専ら軍備負担の加重である、されば軍縮会議提案の要請も亦此にある。然るに日本国に於てはアメリカの強制に由て、ひそかに不戦憲法の網を潜つて作り出されたる軍備を防衛庁と称しておる。
 已来日々甚大なる国税の濫費を行ひ、防衛の名目を以て合法的に日本民族の生産を掠奪する強盗団と化したるかと想はしむるものがある。
 真実に日本国土と日本民族と、内には内乱騒擾、外には外国の侵略を免れしめんが為の防衛は、防衛庁の廃止であり貴官の退職を先決条件とする。
  昭和卅一年太才丙申七月八日
            日本山妙法寺 沙門  藤 井 日 達
プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。