スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

釈尊の大慈悲を背負う

 釈尊の大慈悲を背負う使命
四月二十八日、本日は日蓮大聖人様が三十二歳にしてこの清澄山において初めて「南無妙法蓮華経」を唱えだされた佳き日であります。この日、この山から現代の悲劇を演じた被爆地広島・長崎に向かって行進を始めます。
これは尊ぶべき大事業、これを軽んずれば人類滅亡をくい止める手段はなくなります。世界はいま、ここに目覚めました。日本山もこれにならって各地に行進が起こっております。
行進して何になるかと迷う者もおりますが、これが戦争をくい止めるのです。戦争をくい止めるのに私たち何人かが歩けばよいのか。そうです。私たちの目には見えない心に、一切衆生の諸々の苦しみを救おうという不思議な力が、これによって湧きいずるのです。これが宗教であります。
我も亦為(こ)れ世の父、諸の苦患を救う者なり御一代、頼まれもせんのにこんなことをされて通りました。この方が御釈迦様であります。
御釈迦様のお姿は見えません。なぜ見えないか。これは凡夫が顛倒しておるから見えない。
近し雖も而も見ざらしむ
御釈迦様の方から、欲の深い、我慢の強い者には見えなくしてあります。しかし見えないから力を得られないのではなく、この世界を救う力をいただいておる。この力、宗教というものはみなこれを救う力があるはずですけども、不完全な宗教では救えない。救えない証拠は、その宗教の歴史の中に描かれております。
救える宗教は二千五百年、三千年の歴史の中で、しかも物理的に万国どこへ行っても、その救いの力が現れてきます。この宗教とは仏教。この御釈迦様のお心を、こんどは、凡夫の者が継いで世間に伝えて歩く。これが行進であります。
私たちの行進はささやかなものですけれど、この私たちを行進させていただく御釈迦様の広大な神通力、大慈悲力というものは、目にこそ見えねども一切衆生を救い上げる請願があり、神通力があります。これを皆が信じて行進してください。歩くうちでの困難とは、宿の問題とか、誰が先頭に立つかというつまらないことで、これは世間の迷い。この姿を静かに見てください。
私たちはこの迷いを破っていかねばならぬ。
みなは、これから歩くのですが、時は後五百歳、末法の初め、況滅度後に当たっております。天台・伝教が法華経を弘められたのは、まだまだ平和の時代でありました。歌を詠んだり、詩を作ったりしていれば、平和な心が養われていった時代でありますが、末法にお生まれになられた日蓮大聖人は「天台・伝教は、先に生まれ給えり。今より後は又後悔(のちぐえ)なり」と仰せられました。
これは、いまの時こそ、御釈迦様の神通力を現し、大慈悲力を示すべき時である。八月)一五夜の月のようであります。この時こそ、月の光が本当に輝き現れる。
法華経はいつの時代にも衆生を利益します。御釈迦様はいつの時代にも衆生を救われます。けれども今日ほど、大切な時代はありません。その時に生まれ合わせた私たち、御釈迦様のお心を、伝えるべき役目を、自ら背負ってまいりました。これは使命であります。
この世に何のために生まれたかを、いままで知りませんでした。この困難を救おうと思うて立ち上がったその時が、あなた方の御釈迦様への神通力を身に負う時であります。
小さな問題を考えずに、自ら信じて大きな御釈迦様のお慈悲を世間にお伝えください。
  (一九八三年四月二十八日 清澄根本道場にて)


行進 1982 ニューヨーク

行進 1982年 国連核軍縮会議に向けて


スポンサーサイト

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その5

  刀兵劫抄(第3次世界大戦) その5
仏教広汎にして、八万四千の法蘊と称せらるる。それは到底、我々の機根には手に合わない。
そこで「仏大慈悲を起こして、妙法五字の袋の内に、此の珠を裏みて、末代幼稚の頸に懸けさしめ給う」た。
如来神力品の結要付属の大法門は、即ち是である。是を信ずるが故に、南無妙法蓮華経と唱えるものである。南無妙法蓮華経と唱えるものが、伝染病の流行を防ぐのに役に立つというものではない。南無妙法蓮華経は国際情勢が、いかに切迫しようとも、変化しようとも、その間に在って、百難を排して、不撓不屈、唯一途に平和の歓喜を内蔵して、第3次世界大戦に介入することなく、永世中立を守り徹さんと欲する、大思想の信念の表示である。
人間の社会に、絶対平和の生活を建設せんとしたる者は、個人としては、釈迦牟尼世尊をはじめとして、耶蘇もまた非武装の生活をした。
しかるに一国家として、絶対平和思想高く、軍備を全廃して、古代兵器の刀剣さえも、一口もなく放棄したるものは、世界万国の歴史にも、いまだかって、あらざるところである。
日本国は、その人類史上空前の、世界平和の最初の使徒として、軍備を全廃し、戦争を放棄した。しかも今日、忽然として、世界大戦乱の渦は、身近に巻き起こされた。絶対平和の悲願を達成せしめんがためには、諸の他の戦争する諸国家を恃んで、我が安全を保障さるべきものと想うてはいけない。
世界の大戦乱の闇の中に、非武装の日本は、絶対平和の光明を掲げねばならなぬ。戦争への誘惑があり、平和に対する重圧があって、いかにそれが困難であろうとも、人類の絶滅、文明の総破壊の禍の火を消さんがためには、枯れ草を負うて、しかも大火の中を往かねばならぬ。
法華経の見宝塔品に六難九易の法門が説かれてあるのは、即ち是である。日蓮大聖人の開目鈔に曰く、「宝塔品の六難九易是なり。我等程の小力の者、須弥山は投ぐとも、我等程の無通の者、乾草を負うて、劫火には焼けずとも、我等程の無知の者、恒沙の経経をば読み覚うとも、法華経は一句一偈も、末代に持ち難しと、説かるるは是なるべし」
     (昭和二十五年八月)


新春 梅

新春 梅の花


刀兵劫抄(第3次世界大戦) その4

刀兵劫抄(第3次世界大戦) その4
絶対中立ということは、戦争の惨禍、害毒に、こりごりして、いかなる意味の戦争にも介入しない、戦の相手にもならねば、戦争の相手をも持たぬということである。平和国家の本質上、絶対中立は当然の常識である。
いかなる時においても、交戦国に加担すれば、それは戦争に介入することになる、戦争に介入すれば、戦争國家であって平和国家ではない。
首相は中立論を空念仏と言い、現実と遊離しておるもので、一種の迷信と嘲弄した。日本の中立問題は、空架な問題ではなくして、厳然たる日本の意思表示であるにもかかわらず、中立論を唱えることは、現実と遊離しておるというのは、切迫した国際情勢下においては、中立論は成立し得ないという意味である。
成立不可能の議論を称して、空念仏と言うたものである。
「如説修行鈔」の現世安穏論は、但だ「天下万民一同に、南無妙法蓮華経と唱え奉る」という、簡単平易、通俗普遍な、宗教的一修行に帰結されておる。これは国際情勢にもかかわらず、外交常識にもかかわらない。唯一種の宗教的信条以外のものではない。これこそ正に空念仏の嘲りをこうむるであろうことは必然である。
第3次世界大戦をひき起こさんとしておる、共産主義者と言っても、民主主義者と言っても、その志向する所の内容は、しばらくおいて、共産主義、共産主義と日夜に唱えておる者は、共産主義者でないとは言えない。
民主主義、民主主義と、朝夕に口ずさんでおる者は、民主主義者ではないとは言えない。共産主義者と言っても、民主主義者と言っても、どちらも倶に言葉の相違であり、文字の相違である。
共産主義ということが、直ちに侵攻するものでもなければ、民主主義という言葉が、直ちに保障するものでもない。しかしながら、共産主義という言葉は、共産思想体系を内蔵する。民主主義という言葉にも、民主主義思想体系を内蔵する。
その両思想の相剋、摩擦が、中国の内戦ともなり、朝鮮半島の戦争ともなり、米ソ戦争ともなり、第3次世界大戦ともなる。両思想ともに、闘い取るという思想の根底に、その禍が潜む。
我々は日本のためにも、世界のためにも、戦争の禍根をはらむ思想を克服して、平和の歓喜を内蔵する思想を受持せねばならぬ。平和の歓喜を内蔵する世界第一の思想として、我々は釈迦牟尼仏の仏教を信受する。
( 昭和二十五年八月)




朝鮮戦争
プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。