スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆の文化

    お盆の文化
お盆を尊ぶ人は、必ずまず亡くなった御両親を手近に祀りましょう。我々は、亡くなられた人が家に来たとも、来ないとも判りません。ごちらかといえば、見たことがないから来ないのかも知れません。
それをあたかも来たようにしまして、我が心の内で先祖の御供養をいたします。これがために子供にも現実の我々が親に尽くす心掛けを、毎年改めて仕直させる事になります。たとえ死んだ人が来なくても、こちらの生きておる我々の世界において、亡くなった人を起こして、一緒にお目にかかった気になって喜んで御馳走を作る。これは良い習慣であります。これが東洋の家族制度を堅く作り上げた原因のようであります。
西洋は個人主義になっておって、死んでしまうともうお終いになります。そこにやがて東洋と西洋との、人情の差別が出来てきます。残酷酷薄なことをするのが西洋の文明の姿であります。東洋の文明は平和の世界を作ることであります。盂蘭盆のようなことをします。
見えないけれども、見えるが如く考えても悪い事はありません。若し我々が「見えないから」と言って「現実の世界と余り交渉がないから」と言って「無い」決めてかかると、どうなるか? それは同時に我が身もまた、死んでから先がなくなります。死んでから先がなくなると考えると、この世の中で気ままに悪いことをすることが怖くなくなります。
涅槃経に「若し後世を思はざれば、悪として作さざる事無し」とあります。悪いことをする人が、死んでからその悪いことが報われて来ると考えたら、悪いことがしにくく成ります。死んでから先がないと「なんぼ悪いことをしても、し得だ」となるから、もうどんな悪い心でも起こります。



お盆の文化

お盆の文化

スポンサーサイト

其人行世間、能滅衆生闇

日蓮宗がいつも弘まらなかった原因は、檀林なんかを作りまして、天台の教学等を一生懸命に勉強して一生暮らしました。これが悪かったんです。今日でも大崎を出て博士になりました人はあっても、その学問で、仏法が、御題目が弘まったなんて言う話を聞きません。御祖師様の御主旨、法華経を弘めた者は、ただ末法の要法として残された南無妙法蓮華経を唱うる人が弘めました。
私も大崎を出まして、他宗の留学も十年来いたしましたが、御題目を弘めるという一段に到達した時、全部捨てました。
太鼓一丁持ってフラフラと歩き廻ることをしました。この時に、寺を建てたいと思うて歩き廻りません。ただ御題目を唱えて歩き廻りました。「其の人、世間に行ずる」ー「行ずる」なんていうから解らんけど。「行進する」ことであります。
本化地涌の菩薩、その上首、四大菩薩。皆行進しております。上行、無辺行、浄行、安立行。安立行まで歩きます。歩かねばいかん。「行進」のその文字。それで私の名も先師から伝わったように「行」の字をとって、出家した時に「行勝」と名うぃ頂きました。「行勝」で今まで通りました。
歩きました功徳、御題目を唱えた功徳、他のことは何もしませんが、それが一閻浮提に広まりました。

日本の仏教、天台、真言、一番多いのは念仏,禅、今日世界に弘まりません。世界を動かしておる日本の仏法=南無妙法蓮華経 。この一言であります。
南無妙法蓮華経と唱えてまわったお弟子方が、一夜泊まった町が、平和都市の宣言をしております。それがいくつもあります。もう一つは、お弟子がたが泊まった町が世界平和の日というのを決めました。
世界平和の記念日、それは日本山のお弟子が歩いて泊まった日だという、それが幾つもの町で出来ております。世界にこういう不思議なことがありましょうか。何も講釈したわけでもありません。ただ玄題旗を立てて太鼓を撃ってまわった、宿をもらっただけであります。
「其の人、世間に行じて、能く衆生の闇を滅す」ーこの経文が実証せられました。 (昭和五十七年八月六日 広島道場御誕生会)


沖縄行進 2010年1月

沖縄行進 2010年 元旦 初日の出を拝む 久高島 


出家の功徳

法華経の中に、世の中の闇を照らすために、御題目=南無妙法蓮華経を伝える人が出るという御経文があります。日蓮大聖人様は、この経文を御覧なさって、「この文の心、よくよく案じさせ給え」と言って深く考えなさいました。法華経が、現実の我が身によって社会に生きていくわけであります。その仕事をするには、やはり出家という生活が一番思うように行きます。
善いことをしようと思えば、誰にもはばからずにできます。家庭があれば、親を思い、子を思い、それからまた、生活のことを考えねばならない。ただ善いことだけをするには、出家は生活の問題もなければ、家庭の問題もありません。どんなにでも、心のままに善いことができます。これが出家の功徳であります。
今、日本山にいく名かのお弟子がおりますが、この人々が世界に足跡を残して、やがて来るべき世界平和の基礎を作りつつあります。そういうことを世間が認めました。善いことでありましょう。末法という、世間から仏法がなくなった時に、仏法の中に入って、困難を排除して法華経を弘めていく。一人一人つかまえて説教しなくても、この仕事そのものが、世界を動かして行く基礎になります。こういうことをするのが、我々日蓮大聖人様のお弟子のお仕事であります。
(昭和五十七年八月六日 広島道場御誕生会)


出家者

出家者

誕生の意義


釈尊誕生

釈尊誕生


誕生の意義
人間は、生まれるということの意味を考えなくてはならないと思います。偶然に生まれたのでもなければ、悪いことを、何でも勝手にしていくために生まれたものでもない。人間に生まれたということは、動物一般の生まれたのと違って、今日、自分がすることが善ければ、善いことであります。自分がご馳走を食べた、麻薬を吸った、酒を飲んだ、そんなことは良い事ではありません。
人のためになる善いこと、世の中のためになる尊いことをすること。これが現実の世における誕生の意義であります。日蓮大聖人様の誕生した意義が、何か解りまっせんけれども、現実に尊い法華経の御修行をなさった。仏様のお使いとして尊いお仕事をなさった。それから振り返って、その善いことした子供を生んだ御両親も、また不思議な因縁の人、あるいは仏様が生まれ変わって御両親になったかも知れない。それは解りません。
それとも、法華経の座に現われた諸々の菩薩方の生まれ変わりかも知れない。自分でが善いことをしますと、御両親が尊くなります。今、親不孝をしあす子供は皆、自分で悪いことをする、自分を産んだ親を軽しめ憎みます。自分で悪いことをしたんだ。これを親が悪いように考えます。今日、自らすることが善ければ、生れて来たという意義が尊くなります。
(昭和五十七年八月六日 広島道場御誕生会)

日蓮大聖人様 御遺文

有情の第一の財は命に過ぎず。此れを奪う者は必ず三途に堕つ。然れば輪王は、十善の始めには不殺生、仏の小乗教の初めには五戒、其の始めには不殺生。大乗梵網経の十重禁の始めには不殺生。(主君耳入此法門免与同罪事)

法華経の寿量品は釈迦如来の不殺生戒の功徳に当たって候品ぞかし。されば殺生をなす者は三世の諸仏にも捨てられ、六欲天も守る事無し。(主君耳入此法門免与同罪事)

一代の肝心は法華経、法華経の修行の肝心は、不軽品にて候なり。不軽菩薩の人を敬いしはいかなる事ぞ、教主釈尊の出世の本懐は人の振舞いにて候ひけるぞ。あなかしこ、あなかしこ。賢きを人と云ひ、はかなきを畜といふ。(崇峻天皇御書)

凡そ妙法蓮華経とは、我等衆生の仏性と、梵王・帝釈等の仏性と、舎利弗・目蓮の仏性と、文殊・弥勒等の仏性と、三世の諸仏の解りの妙法と、一体不二なる理を、妙法蓮華経と名付けたるなり。(法華初心成仏鈔)

我が己心中の仏性、南無妙法蓮華経と、呼び、呼ばれて顕れ給う所を、仏とは云うなり。(法華初心成仏鈔)

されば三世の諸仏も、妙法蓮華経の五字を以て、仏に成り給ひしなり。三世の諸仏の出世の本懐、一切衆生、皆成仏道の妙法と云うは是なり。(法華初心成仏鈔)

仏になる道には、我慢・偏執の心なく、南無妙法蓮華経と唱え奉るべきものなり。(法華初心成仏鈔)  

抑々地獄と仏とは、何れの所に候ぞと尋ね候へば、或いは地の下と申す経文もあり、或いは西方等と申す経文も候。而れども委細に尋ね候へば、我等が五尺の身の内に候と見えて候。(十字御書)

我等が心の内に、父、母をおろかにする人、地獄其の人の心の内に候。譬えば蓮の種の中に、花と菓との見ゆるがごとし。仏と申す事も、我等の心の内におはします。(十字御書)

譬えば石の中に火あり、珠の中に財のあるが如し。我等凡夫は、睫の近きと、虚空の遠きとは見候事なし。我等が心の内に、仏はおはしましけるを、知り候はざりけるぞ。(十字御書)

蓮は清きもの、泥より出でたり。栴檀は香ばしき物、大地より生ひたり。桜はおもしろき物、木の中より咲き出づ。(十字御書)

心は法華経を信ずる故に、梵天・帝釈をも猶恐ろしと思はず、身は畜生の身なり。色心不相応の故に、愚者の侮る道理なり。(佐渡御書)

狐疑、執着の邪見に、身を任する事なかれ。生涯幾くならず。思えば一夜の仮の宿りを忘れて、幾ばくの名利をか得ん。(持妙法華問答鈔)


清澄山の日蓮大聖人様のお像

清澄山旭ヶ森の日蓮大聖人様像

出家の特権

  出家の特権
・・・前略・・・ 此れはどう云うものか、其処に立場が相違しておる様であります。其の相違は、日本の政府は軍拡ー軍備拡張政策を取っております。私は、軍備全廃を考えております。
此処に其の行き違いがあります。
別に悪い事をした訳ではありませんけれども、意見の対立が有ります。此の政府の考え方も、日本の平和憲法には抵触します。そうして世界の現代の人類の要求にも反します。何とか此の考え方を折伏せねばならない。それが我々の御修行です。其処で政府関係の者は、日本山に対しては非常に冷淡で、恐怖・疑惑を持っております。それで良いかと思います。
此れで、政府に認められたら大変であります。
我々宗教家と云う者は、他に何も取り柄は有りません。進む道を間違った政治や権力や経済力に動かされないと云う。自分で貧乏はしましても、何も経済的に何処からも支配を受けない。
権力的に何処から弾圧を受けても、一寸も恐れない。こう云う生活が出家の特権であります。

お役所に付いておるとか、何か職業に付いて居れば、それが出来ません。
家庭が有れば、其処に躓きがあります。
日本山の特権は、只正しい事を見出して、それを守って行く事。あらゆる迫害の困難の、それから悪口の中傷の、そんな事は、何ぼ有っても、悪い事さえせにゃ、怖くありません。
(昭和五十六年十一月二十二日朝 インド竹林精舎本堂)


1月 沖縄

1月 沖縄を米軍基地がなくなる様にタイ僧とお祈りして行進する   

  
プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。