スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お題目を唱えることが本門の三大秘法

      お題目を唱えることが本門の三大秘法
 この三大秘法のお題目を軽く考える。これよりも何か深いもの、良いものがあるように考える。そこが日蓮大聖人様のお心からはずれた脱落者であります。何も出来ません。末法を救う教えではない。
日本山が何かできますのは、この「南無妙法蓮華経」、この一言を徹底して唱える、必ず仏事が起こります。私がその実験を体得した法門であります。
三大秘法「南無妙法蓮華経」は本尊であります。「南無妙法蓮華経」を唱えれば言葉であります。言葉、そのものが「本尊」。文字に表せる本尊であります。
その唱える場所、これが「戒壇」であります。それは法華経のお題目を広めるご修行する場所。そこがみな「本門の戒壇」であります。
建築物は後から追いついてきます。お題目の中に、本尊があり、戒壇があります。「三大秘法」と申します。
三つ分けて形を変えております。南無妙法蓮華経とばかり唱える。これが本門の三大秘法の総括であります。
「今、日蓮が弘通する法門は、狭きようなれども甚だ深し」(四条金吾殿御返事)
それは法華経本門、寿量品の三大秘法、この中に納めるから「南無妙法蓮華経」と唱えれば、本尊が現れ、その中に戒壇がある。南無妙法蓮華経を離れて本尊もなければ戒壇もない。
この大切は南無妙法蓮華経の甚深秘密の宝蔵を軽く考える。それが日蓮大聖人様のお弟子の中ににすら間違える人いる。重い一番大切な法。
末法を救うものは、われわれが唱える「南無妙法蓮華経」の一言であります。この一言を末法に唱え伝える者が、地涌の菩薩であり、この人が世界を救う者であります。
「南無妙法蓮華経」と唱える人、それを考え違いして浅いことのように考える。「今、日蓮が弘通する法門は、狭きようなれども甚だ深し」
これを信じねばなりません。それを信じる事が出来ないお弟子は、日本山から脱落していくお弟子であります。(1979年9月28日)



花


スポンサーサイト

日蓮大聖人様の三大秘法のご法門

   日蓮大聖人様の三大秘法のご法門
 懺悔滅罪の戒法、そこが戒壇であります。そしてお題目修行のみ。ただいま朝のお勤めでしたが、お題目を唱えてお経も上げれば良いのですけれども、ご妙判だけを上げました。法華経を読むということは日蓮大聖人様の宗旨ではありません。天台宗比叡山の教えであります。天台宗からこの法華経読誦の法は広まりました。
けれども今は法華経一部八巻を読んでみたところで、それがどうしてこの世を利益しますか。誰がこれを聞きますか。皆の理解がない。我がものとならない宗教はやがてすたれます。比叡山の法華経読誦の行法は、今どこにも行われておりません。これを世界に行なおうとすることは迷いであります。時代が違う。法華経が悪くなったのではない。時代が法華経と離れた。離れた時代を救うに「南無妙法蓮華経」とこの一言の要法が末法に現れました。
これが日本の仏法であります。

この「南無妙法蓮華経」より他に法華経を読誦したりする、それは日蓮大聖人様の宗旨からはずれます。現代、法華経読誦のお寺が日蓮宗の中にもあります。この度、九州の原鶴というところに宝塔を建てますが、その近辺に本仏寺という本山格のお寺があり、そこの御坊様たちは法華経を読んでいる。悪いことではありません。良いことでありますが、お題目ではありません。そこに何の仏事も起こりません。
日本山は何のお経も読みませんけれども、宝塔建立という大仏事を起こしました。法華経を読んでいては、何の仏事も起こらない。
今の時代を救う法ではない。だだ一つの言葉「南無妙法蓮華経」が現代を救う教えであります。
三大秘法の中のお題目とは、それであります。「日蓮一人、南無妙法蓮華経 南無妙法蓮華経と声も惜しまず唱ふるなり」(報恩鈔)
これが日蓮大聖人様の三大秘法のご法門であります。
    (1979年9月28日)



名前を知らない花

名前を知らない花






三大秘法の本尊

     三大秘法の本尊
 10月6日には王舎城の宝塔仏殿に、日本のご本尊様をお祀りします。私はランカにおり、王舎城の仏殿建立の噂は聞きましたが、自分では行って見ませんでした。ところがお弟子様がうっかりして、ご本尊をネパールの仏師に頼み鋳造しました。型は大きいのですけれども、それは世間にありふれた本尊であります。日蓮大聖人様が三大秘法の本尊と定められた本尊ではありません。
正像二千年のお釈迦様、それでご本尊を今度は日本で造ることにっしました。幸いに先師先徳の造られた本尊が京都の立本寺にありましたので、それを写してお祀りすることに致しました。二佛、釈迦・多宝が座を並べられて、中央に南無妙法蓮華経と入った宝塔がある。この本尊の信心の意義は将来仏教学者が研究せねばならあない課題と思います。
王舎城では日本の仏教大学を建てる。最初のうちは竹林精舎の仏殿で講義を開く。そして多宝山頂には宝塔様、仏殿があり、そこに日本の仏教のご本尊がまつられることになります。
皆様は簡単に考えるが、日本山の型、日蓮宗の型を先師が決められたものをよく心得ておかなあければなりません。でまかせに、そこらのお店にあったからと言ってお祀りしておくわけにはいきません。
お釈迦様でありますからお祀りしても良いのですけれども日蓮大聖人様のご法門を新しく西天に広めるときには、今まであったもので間に合わせるということではいけません。「西天開教」ということ、日本の仏法が月氏に還るという意味、そこがわからないものですから、寺を建てればよいと思って建てます。それでご本尊という問題は、三大秘法と仰せられてありますけれども、ちっともわかりません。何が三大秘法か解らない。それで修行の方も解らなくなります。
ここを取り違えますと、三大秘法・ご本尊・戒壇がわからなくなる。その良い例が富士の大石寺の創価学会員の仏殿であります。
日蓮大聖人様の戒壇だと言いふらして作り上げた。懺悔滅罪の戒法のみならず、懺悔滅罪に誰一人行きません。そんなところに建物だけ建てても、戒壇は建物ではない。     (1979年9月28日)



三大秘法の本尊

三大秘法の本尊



ヨーロッパ開教

      ヨーロッパ開教
 ヨーロッパ開教もようやく糸口がつきました。この開教もお金を出して土地を買い、そこにお金を出して宝塔を建てる、そのような仕事では役に立ちません。宝塔は建ちましょう、土地は出来ましょうけれども、ヨーロッパの人を教化しない限り何の役にも立たない。日本に宝塔を建てたのと同じ事であります。ヨーロッパの人を教化することが出来なかった為にここの開教もだいぶ足踏みをしました。けれども時がまいり、開教の糸口としてお仏舎利塔が建つようになりました。
お仏舎利塔は日本山の建てるものでありますけれども、これは一つの建築ではなくて、ヨーロッパの人々への教化の本尊であります。人々が皆そのもとに集まり礼拝し供養し賛嘆せばならない。ヨーロッパの国々はキリスト教であります。
そのはキリスト教国の人々が仏教の宝塔建立を喜んでいる。
最初に発願しました英国のトム・ハンコックという人もこの宝塔建立の発願がいかに大きい良い仕事であったか、今は解りました。ミルトンキーンズが出来ら、英国各地に宝塔を建立するお言っているそうです。ヨーロッパの人々を教化する。それができなければ布教にならない。    
西天開教も宝塔を建てて、そこで渡世ができ麻薬があ吸えるというのでは駄目。インドの人々が集まって礼拝し讃嘆するものでなければならない。
多宝山には日本から送ったチェアリフトがかかっており、乗りたい人が大勢で間に合いません。
乗らない人は山道を分けて登っていく。山道を登ることの出来ない人々は麓から宝塔を拝んで帰っていく。それほど大勢の人々が宝塔参拝にきております。この人数がどれほどかというと、リフトの乗り賃が一ルピー、この金の集まりがビハール州政府の財政の上に大きく役に立っております。それほど精神的な力が物質的に現れていく。
また、インドの人々の中に日本山の行き方を信ずる者ができ、ご出家となりました。信者となりました。
階級の上下を問わず、こういう人々が出てきました。しかし信心は続けていきました。そのため最近では政治家たちも現代のインドの為に、日本山の思想・信仰がどんなに役に立つか、ようやくわかってまいりました。
「開教」というのは、寺を建てることとか、別荘を買収することではない。現地の人の信仰を呼び起こすこと。これなくしては開教は立ち消えであります。
この度、ウリーランカのJ・Rジャヤワルダナ大統領が来日して政府関係者と援助や借款というような話もしたでしょうが、大統領は仏教国としての日本とスリーランカとを親しく結び付けるという目的をお持ちでした。それが誰に会っても、すぐに口に出てきます。今上天皇とのご会見でも、天皇が初めて仏教の話をされていたとの事です。(1979年9月28日)



英国ミルトンキーンズ仏舎利塔

英国・ミルトンキーンズ仏舎利塔


多宝山仏舎利塔

インド・王舎城・多宝山仏舎利塔

王舎城の復興と麻薬青年

       王舎城の復興と麻薬青年
 次に王舎城の復興であります。まず竹林精舎の復興を計画致しました。その設計は日本山のインドのご信者に頼み
それに従ってもう工事が始まっております。これは四面三十三間の大きい建築でありますが、王舎城には大勢の人が
集まり、その宿泊所がありませんで、それにもあてます。ここが落慶しますと、日本から文化事業を起こす人々が
集まり仕事が出来ると思います。
所詮、今後の世界仏教はサンスクリットの研究でもなければパーリ語の研究でもなく、現代から未来にかけて仏法を人類界の上に役立てていくにはどうすればよいのかということが問題になると思います。そのめの研究の場所を造ります。
日本にも仏教大学はありますけれども、どの大学からも宗教家というものは出ておりません。
物知りだけが出て、習った学問で渡世をするというだけであります。日本の仏教大学を出た者のほとんどが現代の人類
の為に何の役にたっていない。
役に立つ仏法ーー日本の仏法を王舎城で教えねばならい。それを復興させて、世界の平和、人類の救済にあたらねば
なりません。今後の王舎城の仏教大学は、日蓮大聖人さまの立正安国論のご講義になると思います
。そうすれば日本語
も教えなければなりません。あらゆることに間に合うように設備しておきたいと思います。
だいぶ前のこと、多宝山に宝塔建立する時に、ときの大統領が日本山に三百エーカー提供すると、こちらから頼まない
のに言ってきました。
多宝山に宝塔が建って、そこに日本の漫遊の青年たちが集まり、悲しい事に麻薬を吸っておりました。麻薬を吸って何か
錯覚を起こして、楽しい世界が見えるとか仏教の信仰がこれで出来るとかいうことで大勢集まりまして、麻薬の毒にあてら
れて一日中ふらふらしてご修行もしません。ただ雑談にふけってり楽器を弾いたりして楽しく暮らす。これが警察に知れ、
政府の耳に入りました。そして中傷が起こりました。
「日本山は麻薬青年を集めて宝塔を建てている」。これが飛躍して
「日本山の裏にはCIAの手が入り、そこからお金が出ている」などと言われ、たちまちこの三百エーカーの話は立ち消えに
なりました。麻薬を吸っていた貴方に、麻薬を吸う事は悪いとも良いとも私は申しませんけれども、日本山に入ってそれを
なさったことが日本山の西天開教の躓きとなった。この罪は貴方がたが負わねばならない。
それで、インドの政府がそういう見解に立てば、もはや私がいても布教は難儀するだけでありますから、インドを立って
他にまいりました。それがヨーロッパ開教となりました。 (1979年9月28日)



竹林精舎

竹林精舎


竹林精舎 日本山妙法寺

竹林精舎の日本山妙法寺  


インド国ニューデリーのラージガート仏舎利塔地鎮祭

 インド国ニューデリーのラージガート仏舎利塔地鎮祭

 私の一代の仕事はインドに仏法を復興する、という誓願に尽きるようであります。
これは日蓮大聖人様の「日本の仏法、月氏へ返るべき瑞相なり」(諫暁八幡鈔)
のご誓願でありました。大聖人様ご入滅から今日、実に七百年をへだてました。
七百年間、日蓮大聖人様のこのご誓願は空言になって実現しておりません。
七百年後の今日、ようやくそれが実現しました。その時に私は生まれ合わせて、このご誓願を拝み、自分の誓願として「西天開教」という名のもとに一生をインドの仏事に捧げました。
今日行きますところはニューデリーのラージガートと申します。ここには独立インドを最近造り上げましたマハトマ・ガンジー翁、ネルージー、これらの人々のお墓があり、その傍に仏舎利塔を建てたいというお話が前首相のデサイ氏に受け入れられ、いよいよこの10月2日のガンディー翁の誕生日に地鎮祭を行う予定でありました。
しかし、この方は7月15日に首相の座を下り、チャラン・シン氏が首相になりました。
別にこの方もこの事に反対ではないのですが、事務的な手続きがそこまで進まなかったようです。けれどもすでに宝土は決まっております。
この10月2日にはラージガートに大統領も首相もみな集まり、生誕祭の式典を催します。
この式典の主催はインド政府ですが。「南無妙法蓮華経」の唱えの言葉から始まっります。
そこで私の出発に前後して日本から巡拝団が参りますが、これに参列いたします。

その後、地鎮祭とは言えませんが予定地を拝んできます。これがデリーの仕事であります。
相手がインドの政府でありますので、こちらの思うようにばかりもいきません。時が来るのをまたねばなりません。      (1979年9月28日)


ニューデリーの仏舎利塔

ニューデリーの仏舎利塔

菩薩行の戦争

     菩薩行の戦争
 日本の戦争の中に、松谷大尉の戦争が一つだけ本当の菩薩行の戦争をされました。日本国も、この方針について行くことができたならば、この人の指導を受けて、日本の軍隊が動いたならば、アジアはおろか、世界の平和は、たとえ日本が軍隊を動かしても、戦争しませんから、世界はこれに風靡されるはずであります。悲しい事に、西洋流の戦術ばかり考えておりました日本の軍隊は、この松谷大尉の指導を仰ぐ事ができずに、結局、血を流すことにおいて、西洋と何ら変わらない戦争に入り込ました。
今のアメリカが、ベトナムでやっておりますように、機械力とか、作戦行動とか、そんなことばかりやって、無慈悲な戦をしましたから、日本国は無残にも破れてしまいました。
 (昭和43年 天鼓)


ハマヒルガオ

ハマヒルガオ

プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。