スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭陀苦行

              【十二頭陀】

 頭陀苦行の法、世間の法と異なることは今始まりたることに非ず。しかるを時代の弊風を扇揚する者の曰く、苦行を積むも仏道において利益する所なしと、或は曰く我等が機根苦行に堪えずと、或は曰く国土相応の生活をなすべしと、或は曰く世間の機嫌を獲るべしと、或は曰く自力聖道の聖道の難行なりと、或は曰く末法に相応せずと、会して曰く教主釈尊の十大弟子五百の大阿羅漢等、皆ことごとく頭陀の行者なり。誰の佛弟子か頭陀の誹謗者ならむ。何れの如来か安臥放逸に耽って無上菩提を証得し給える。
経に曰く、「若し頭陀苦行の人有れば、我が法即ち存じ。若し此の人無ければ、我が法即ち存ぜず」と。
まさに知るべし、頭陀苦行を誹謗する者は仏法を断絶せしめんと欲する天魔悪鬼の託宣なり。
近代の日本国とくに維新以来の日本国、上下一同に悪鬼その身に入って頭陀苦行を誹謗せしめたるものなり。人天正当の見解には非ず。
頭陀苦行を誹謗するを聞いて、たまたまこれをもって我が意にかなえりと思いて頭陀苦行を廃して衣食住ともに世間の毒風に靡きしよりこのかた、日本国に仏法頓に衰え国土たちまち修羅道となりぬ。
もし仏法の中に頭陀苦行を甘んじて如法に勤修精進する者あれば、長く末法万年に及んで仏法流布し、広く一閻浮提に及んで仏法流布すべし。


日日草 台北公園

日日草 台北公園

スポンサーサイト

 如来の秘密神通力の総合積集

【日本の仏法】
 南無妙法蓮華経の五字七字は一往妙法蓮華経と題する経巻の題目とも言われます。併しながらそんなものではありません。 如来の一切の所有の法、如来の一切の自在神力、如来の一切秘要の蔵、如来の一切の甚深の事を、皆この南無妙法蓮華経の五字七字の中に宣示顕説すと法華経の如来神力品に説かれました。
南無妙法蓮華経は如来の秘密神通力の総合積集であります。


台北公園

台北公園

日本の仏法

         【日本の仏法】
 南無妙法蓮華経と声を惜しまず唱えて法鼓を撃ち、十方世界に周旋往返する者、是を日本の仏法と言います。

           【日本の仏法】
   南無妙法蓮華経と口に唱え
    南無妙法蓮華経と手に鼓を撃ち
      南無妙法蓮華経と身に礼拝を行じ
        南無妙法蓮華経と意に深く敬いを念じつつ、
 遍く村営聚洛に到り、十方世界に周旋往返して純ら立正安国世界平和を祈る者、是を日本の仏法と称します。


ポインセチア 台北公園

ポインセチア 台北公園

日本山妙法寺

       【仁王護国鈔】
 
日本山妙法寺は各宗僧侶の資格に洩れ一般社会の競争に敗れ名利両(ふたつなが)ら失いたる、教導職能化の器に不適任の者を蓄えるを以って本意とす。仍(よっ)て官庁の認める適任の思料に外れ宗務院の登録する資格に当たざること必然の約束なり。只、独り仏弟子の詮考に叶うを以っての故に自ら出家得道して私かに仏子の威儀を学ぶのみ。


花

花手まり

増長慢心を発することなかれ

     【一閻浮提】  僧伽の社会生活
 
但行礼拝は威音王佛の末法の不軽菩薩の行規であるが、獅子吼鼓音王如来(諸法無行経の下巻)の末法の喜根菩薩もまた、懇ろに但行礼拝の功徳を称揚した。
諸の仏の滅度末法にも、仏法漸く濁乱して、白法隱没の時にあたっては大菩提心を発せる菩薩は必ず皆遍に但行礼拝を讃嘆し、修行し一切諸法無障礙の自在を得て正法の命脈を獲る。
世間の嘲り戒相の拘束にはかかわらない。
日蓮大聖人の御弟子と称する者は無戒の僧、名字の比丘であった。内心煩悩に纏われて人天の供養を受けるに堪えず。その身に才学なくして文盲に修行懈怠にして、しばしば放逸に春秋を過ごすがごとき者をもなおその御弟子として、高祖日蓮大聖人は、これを「祝着し給う」と仰せられた。出家の一期生は、但、髪を剃りては棄欲の相を現じ、袈裟をかけては解脱憧相の姿になろう。ただこればかりで「天魔も怖れを為すと見えたり」と仰せられた。ゆめゆめ自ら賤しむべきではない。
当世日本山の僧と称する者は、更に酷しき者があり、特に浅ましき者がある。その師も無智無行にして一期髪を剃り袈裟をかけただけの名字の比丘でしかない。徒弟となる者、何ぞ是より勝れて有智有行なるべき。
各各胸に手を置いて増長慢心を発することなかれ


姫バラ

姫バラ

  立正安国

 【毒鼓】   立正安国
 
 簡単明瞭なる正しき宗教の教訓を日常生活に実践せしむる事を以って、直ちに国家民族死活の運命を決定するものなりとする。ガンディー翁の意見は、又、以って日蓮大聖人の所謂立正安国の宗旨に符合するものである。


カイウ

カイウ

  久遠実成の教主釈尊

   【毒鼓】 心遂醒悟

 良医は元来父であります。是を寿量品に説かれたる久遠実成の教主釈尊に喩えられました。
子とは又、毒を飲んで発狂した病人であります。是を我等一切衆生に喩えられました。良薬とは特に法華経の題目に喩えられました。毒とは衆生が生れ乍らにして持って生まれた倶生起の煩悩やら、智慧分別の間違いから後天的に起こった分別起の煩悩やら、もっと根本的な無始の無明やら、総じて八万四千と称せらるる諸々の一切の煩悩を指して、毒に喩えられました.


サボテン

サボテン

 日本山妙法寺

     【毒鼓】 遣使還告  (3)
 
 予が日蓮大聖人を高祖と仰ぎながら、別に日本山妙法寺の僧加を構成して独自の修行をする所以も、日蓮宗一般に教機時国序の格網ともに、あまりに狭義の解釈を施し、時機にあたれる救済の手を垂るること無きが為に、是好良薬を稍もすれば時代に施しおくれ機根に合わざる恐れがあるが故に撰時鈔の明文に由り、自由の弘通をすることである。


シャリンバイ

シャリンバイ

 法華経弘通の誓願

      【毒鼓】 遣使還告 (2)

 末法悪世に於ける法華経弘通の明鏡、日蓮大聖人折伏逆化の化導の本拠は、妙法蓮華経勧持品二十行の偈と云えり。
其の勧持品に曰く
唯、願わくは慮し給うべからず、仏の滅度の後、恐怖悪世の中に於いて、我ら広く等当に広く説くべし、諸の無智の人の悪口罵詈等し、及び刀杖を加うる者有らん。---------中略ー
ーーーーーーー仏の告勅を念うが故に、皆応に是の事を忍ぶべし
看よ、三類の強敵の為す所、言う所、皆悉く不正不義ならざるは無い、而もかくの如きいかなる不正不義にたいしても、法華経弘通の誓願として皆応に之を忍んで受けるとは、暴力を採用する事でもなく、戦争を肯定する事でも無く、抵抗を許すことでも無く、非平和の論議をする事でもない。
飽く迄、暴力を否定したる明文である。
勧持品二十行の偈の文に三類の強敵の所為を挙げ来って、六ヶ所に及ぶ迄いかなる時にも但だ忍の一字を以って勧持してある。忍ぶより外に如何なる手段も許されて無い、三類の強敵に対して許されたる手段は、但だ忍の一字の重々無尽の修行である。高祖日蓮大聖人の折伏逆化の化導は親ら不軽菩薩の跡を踏むと仰せられた。過去威音王如来の滅後像末の世に不軽菩薩が出世して、而強毒之の化導を行うた、と云う。不軽菩薩の而強毒之の折伏と言えば、戦争主義、暴力主義、抵抗主義、非平和主義かの如く聞うるけれども、其の所行は、但行礼拝、賛嘆是言である。
不軽菩薩と正反対に杖木瓦石を以って暴力を振るい打擲罵詈して是無智比丘と、そしりし者は、彼の増上慢の比丘、比丘尼等であった。
釈尊の末法として、いかなれば不軽菩薩の跡を踏むべき者が、悪口罵詈し杖木瓦石を採って打擲し武器を用いて戦争し殺人する事の許さるべき。若し之を許さば増上慢の比丘、比丘尼の所行所作と何等異なる処は無い。
不軽菩薩の所行とは、正反対になるではないか。


スイカンボ

スイカンボ 4月



 宛も狂気の人の如く

     【毒鼓】 遣使還告
 
 私達の西天開教も仏教の最も肝心なる救済の結晶を提げて一切の所有る仏教の研究や解説やの迂遠な手間を用いる事無く、直ちに病人の耳に入れ、眼に入れねばなりませぬ。是の道理を思うて私達の朝も晩も南無妙法蓮華経を大音声に唱えるのみならず、お太鼓を撃って多くの群衆の中に宛も狂気の人の如くに熱心に叫んで祈る心持ちが或は御推量が出来ることと存じます。
南無妙法蓮華経の声が耳に入り、南無妙法蓮華経を口に唱えること、唯だ此の一つの修行に由って此の印度の三億五千万の人が一時に救われるのみならず、やがて一閻浮提の一切衆生が斉しく皆救われると云う大信念が即ち日本仏教の根本原理であります。


さつき 4月

さつき 4月

プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。