スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お盆の文化

    お盆の文化
お盆を尊ぶ人は、必ずまず亡くなった御両親を手近に祀りましょう。我々は、亡くなられた人が家に来たとも、来ないとも判りません。ごちらかといえば、見たことがないから来ないのかも知れません。
それをあたかも来たようにしまして、我が心の内で先祖の御供養をいたします。これがために子供にも現実の我々が親に尽くす心掛けを、毎年改めて仕直させる事になります。たとえ死んだ人が来なくても、こちらの生きておる我々の世界において、亡くなった人を起こして、一緒にお目にかかった気になって喜んで御馳走を作る。これは良い習慣であります。これが東洋の家族制度を堅く作り上げた原因のようであります。
西洋は個人主義になっておって、死んでしまうともうお終いになります。そこにやがて東洋と西洋との、人情の差別が出来てきます。残酷酷薄なことをするのが西洋の文明の姿であります。東洋の文明は平和の世界を作ることであります。盂蘭盆のようなことをします。
見えないけれども、見えるが如く考えても悪い事はありません。若し我々が「見えないから」と言って「現実の世界と余り交渉がないから」と言って「無い」決めてかかると、どうなるか? それは同時に我が身もまた、死んでから先がなくなります。死んでから先がなくなると考えると、この世の中で気ままに悪いことをすることが怖くなくなります。
涅槃経に「若し後世を思はざれば、悪として作さざる事無し」とあります。悪いことをする人が、死んでからその悪いことが報われて来ると考えたら、悪いことがしにくく成ります。死んでから先がないと「なんぼ悪いことをしても、し得だ」となるから、もうどんな悪い心でも起こります。



お盆の文化

お盆の文化

スポンサーサイト
プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。