スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二十一世紀への予言

二十一世紀への予言 その1
前略 
現今の商売はお金儲けのほかには何の目的もなく人間が動いています。禽獣が餌を求めるのも、牛馬が草を喰らうて歩くのも、たいして今の人間の社会の仕事と変わりません。それでその結果はといいますと、損をしたの儲けたのと、そんな話以外に何もありません。あまり儲けると、よその人がそれはいけないと言う。それで儲けないようにしようとする。損をしますと、損をしては大変だ、損をしないように商売をしよう。これで「貿易摩擦」という言葉が使われます。金銭の争奪であります。動物の社会以外の仕事とは思われません。
この金儲けも悪いことをして儲けならばいけないでしょうけれども、悪いこともしないのに金を儲け過ぎることもいけない。損しますと、今度は悪いことをして損をします。例えば人間の生活に投資すべき金も人材も人殺しの悪いことに回す。それで人々は生産の方面に働く力を失って損をする。
そして損をしたというと、あまり儲けすぎたからだと言われる。こういう理由が堂々と通っております。ここに物質文明の末路は破綻を生じます。
せっせと人殺し、破壊の武器を作るが、これを使うわけにもいかないから商売道具に変えます。”武器の輸出”であります。買い手がないと困ります。買い手を作らねばならない。金儲けをしている国にこれを売りつけることにします。
武器を買い込むのは金があるから買い込むのではない。戦争をするために必要だから買い込めというのであります。日本国は第二次大戦の後に、戦争はしない、軍備は持たないことにした。これは世界に先駆けて、世界のまさに来るべき悲劇を人類がくい止めるための憲法であります。
それを戦争をしてもよいということに改正しよう。改正まで待てないから今のうちから買い込んで戦争準備をしようと言うのであります。1機の飛行機を買いますと、私らの想像も出来ないような何百億の金がいります。その金を向こうに渡すのであります。
こんなことをしていきますと、やがてどの国も行き詰りをみます。第一にアメリカ合衆国が富める国として戦争の被害を知らなかった国として栄ましたが、この軍備拡張のために今や失業者がやたらに増え国民の生活が苦しくなりました。日本国も飛行機や潜水艦を買い込んだために、国民の生活が圧迫されそうになってきております。国の滅びる前に災いが起こります。これは「立正安国論」に引かれている御釈迦様のご説法の中に、一つは五穀が高くなる、穀物騰貴する「穀貴に災い」。これは食べ物ばかりでなく、社会生活が混乱する姿であります。これが出てきます。
その次に「国位喪失の災い」が起こります。主権者が我々の生活を潤わせない。主権者はやめてしまえ。ということになる。レーガン大統領もそろそろそのしっぺ返しがゆくようであります。国家の政治権力の座から離れなければなりません。もう一つあります。「兵革の災い」。武力革命。こいいうことがやがて起こってきます。アメリカも警戒せないとやがてこうなります。世界中の民衆に食べ物を与えずに人殺しの道具に使っていく世界。これは三悪道の姿でありまり、まさに阿修羅道の姿であります。
これが現代の文明の名においてなされております。この文明は人類の智慧をもって改ていかねばいかん。
(昭和五十六年四月一日)
スポンサーサイト

物質文明の誤り

  大体、世の中はみな不思議な世界であります。悪行が重なれば苦しみが現れ、善業の功徳を積めば仏様が現れ、自分も有難いお姿となります。ですから、すべての問題はわれわれの認識の上にあるのではなく、その奥の方に本質があり、本質の世界がある。それでわれわれもその身は有に非ずまた無に非ず、悪業の因縁によって喜びを受ける身が現れる。
今日、世界の人類がみな悩みますのは、唯物論によって人間の心の奥の世界が隠され、目に見えるもの、これだけを研究する様になったからです。形のあるものだけを考えていきます。その結果、およそ形のあるものは何もかも、小さいものから大きいものまで、ほとんど数え尽くしてみます。それがどうなるかと言うと、人間はやがて自ら滅びる運命になってしまいます。
それで滅びまいとすれば、その考え方を変えねばいけない。
物質的な世界だけを見ていれば、物質を集めたり飾ったりすることが人間の努力する仕事のようになります。今日の戦争はそこから起こります。戦争は物質的な争いであります。それを助けていくものは心の貪欲というものであります、それが戦争の道具になってしまいます。
人間も世の中も平和に治めようとするならば、まず貪欲・瞋恚・傲慢・愚痴・猜疑、これらの煩悩を調整していかねばならない。煩悩は誰にでもあるものですが、無制限に発展させてよいものと思い権利などと言っております。物質がなんぼあっても世の中は恐ろしい世界に転じていきます。
世の中を清らかにしようと思うならば、平和にしようと思うならば、まず物質の存在よりも、身体を養うよりも、さらに大切な問題があります。それは人の心を統制していく道であります。「欲しい」という貪欲の心がない人はありません。「腹が立つ」という、これもない人間はありません。
つまらんことを考えて愚痴も言わない人もありません。有るものを、これが災いに発展しないように自らも苦しむ。こういうところに貪欲・瞋恚・愚痴が走っていくのを止めていく。これは物質では止まらない。精神的な考え方、精神的な統制が必要であります。
貪欲の心が起こる。起こったら自らが抑えていく。この心が起こらねばなりません。瞋恚、腹が立ちます。腹が立つままに茶碗を投げてみたり、人を叩いてみても納まりません。腹が立つ心を抑える心が別にあります。貪・瞋・癡、人間の煩悩は昔も今も少しも変わりません。
それが世の中の災いをなしております。その災いを除くためには、この心を抑えるより仕方がありません。それが宗教の修行であります。


台北 花市


台北 花市









プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。