スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日蓮大聖人様 伊豆御法難七百五十周年参詣並び玄題宝塔様地鎮祭御報告

   日蓮大聖人様 伊豆御法難七百五十周年参詣並び玄題宝塔様地鎮祭御報告 

五月十二日
今年は伊豆御法難より七百五十周年にあたりますので皆様方と俎板岩、船守弥三郎御夫婦の御墓、御岩屋、仏光寺、佛現寺等を御参りさせて頂きました。
その上 玄題宝塔様建立の地鎮祭を勤めさせて頂きました。
皆々様に厚く御礼申し上げます。 合掌

【伊東の思い出】 昭和四十五年五月十二日 佛現寺 (御師匠様御法話)

私はこの伊東と申します所は、御祖師様の四ヵ度の大難の御霊場としまして、非常に親しみを持って長い間 伊東に行ったり来たりしたものであります。学門を大崎で勉強する間も夏休み、冬休みは伊東に参っておりました。そしてこの伊東は私の出世には学門と共に信仰を育てて頂いた影響があります。 
従って、いつもその休みの旅行は鎌倉でなくて縁があれば伊東へお参りしておりました。
就中、この御草庵については思い出があります。私は海外伝道に三十三歳にして発ちました。其の後、大正十二年九月一日の東京を中心とした大震災にあいまして、日本国の前途を立正安国論にてらしまして非常に危険だ、と思いました。先ず海外伝道よりも日本国の立正安国の御祈念をせねばならん。と思って日本国に帰りました。そして身延山、七面山へ籠もりまして暫く誓願を定めて日本国のお祈念に精進する事に致しました。その御祈念の時、丁度今頃、伊東の佛現寺にお参り致しました。母を伴い、御弟子の何名かを連れてお参り致しまして、この御草庵に一夜、母もお弟子も五,六名御通夜をした事を覚えております。そんな日本国の御祈念に出発する初めに当たって、この御草庵に私等は一夜御通夜した事があります。それのみならず、昔の系図というものが私の家に伝わっております。最近になってこれを検討致しますと、ここの領主伊東資高公のくだりに僧日蓮が災難に遭った、と云うことが系図に記してあります。私の遠き祖先はこちらにあります。こんな色々な因縁にひかれまして、私には伊東の霊地が何処よりも懐かしく思われます。


俎岩

俎岩での御祈念


地鎮祭

伊東道場 玄題宝塔様 地鎮祭



地鎮祭

二宮大山御上人様 鍬入れ



地鎮祭

伊東道場 玄題宝塔様 地鎮祭 





スポンサーサイト
プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。