スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの戦争の歴史

ハワイ併合からウクライナ騒乱までのブラックなアメリカの歴史まとめ

http://matome.naver.jp/odai/2139910112886892501
スポンサーサイト

大悪魔王

    大悪魔王
 仏法では人間の寿命を奪う者、凶器を振りまわして、正義の人を脅迫する者を悪魔と名づけてあります。人間社会において、凄惨きわまりなき殺人破壊の集団的戦争を行うは、まさしく悪魔の行為であります。
悪魔といえども、いまだかって採用せなかった。人類全滅の凶器の核兵器を、アメリカは振りかざして日本国を蹂躙し、アジアの天地を脅迫しております。
第2次世界大戦終了後、日本国をはじめ世界各国に、平和が風靡する中に、アメリカは戦勝の酔い心地に乗じて、1950年6月25日、南朝鮮、すなわち大韓民国政府を教唆して、北朝鮮、すなわち朝鮮民主主義人民共和国に対して、侵略戦争を挑発させ、 マッカーサーを総指揮官として、二百余万の大兵力と、莫大なる戦争機械を使用して、交戦せしのみならず、事実を曲げて、反対に、北朝鮮が侵略戦争をすると宣伝し、国連加盟国十五ヵ国の軍隊派遣を要請し、国連軍の名を藉(か)って、北鮮に侵入し、一時、北朝鮮地域を占領しました。この期間中に、数十万の無辜の平和の住民を、集団的に虐殺しましたけれども、結局、祖国解放戦争に蹶起したる朝鮮人民の前に、跪いて、停戦協定に調印せざるを得なくなりました。
第2次世界大戦終了後、世界平和の希望をもってできたる国連が、朝鮮戦争によって、その性格を暴露し、あたかもアメリカの侵略戦争の一機関の如き印象を残して、次第にその機能を麻痺しました。
今度の越南戦争平和解決のためにも、国連が何らの効果的活動をすることができなかったのは、そのためであります。
アメリカは、その後、執念深くアジア・アフリカ・ラテンアメリカなど後進国と言われる地域に起こる民族解放戦争、植民地化への抵抗、生存を要求する土地解放というがごとき、民衆の闘争の意義を理解することなく、いずれの闘争も、一律に共産主義者の扇動と援助、北からの侵略によるものと断定し、到ところに、これら反乱軍鎮定のために、特殊戦争を展開しております。
この場合、アメリカ人の軍隊は、住民の味方を得る事ができず、いつも孤立の状態に在るが故に、戦争の結果もまた、不利を招く事が多いのであります。そこで、アメリカ軍は反乱軍殲滅戦争を決行し、アメリカに協力せざる住民等もまた、巻き添えにして、老幼男女、無差別に殲滅する戦争方式を採用しました。かくのごとき殲滅戦争の犠牲となる住民大衆の怨嗟の中においては、特殊戦術も、新兵器も、充分の効果があがらず、やむを得ず、長期間、泥沼戦争に膠着せざるを得なくなります。
長期泥沼戦争から脱出せんがためにには、アメリカは限定戦争場において、核兵器の使用に踏み切ることになるでしょう。すでに越南には、限定戦争用の戦術核兵器部隊を送り込み、南支那海には、第7艦隊の通常兵器・核兵器を、あわせ備えたる戦力が展開しております。さらに太平洋には、核兵力機動部隊を配置して、アジアにおいて、越南を支点とする、全面核戦略体制を進行せしめております。
人類全滅の凶器・核兵器は、第二次世界大戦の末期、アメリカによって、日本国の広島と長崎とに投下され、一瞬にして、全都市を廃墟と化し、数十万人の非戦闘員の老幼婦女の寿命を奪い去りました。
アメリカは、人間世界において、未曽有の、大量にして、しかも残酷なる殺人破壊を行える原爆の被害を見て、毫(ごう)も懺悔の心なく、かえって冷笑を浮かべ、爾来、国力を傾けて、核兵器の開発につとめ、今や、人類全滅を幾回も繰り返すに、充分なる準備を完了しております。
これを実戦場に応用せんとするのが、全面核戦略体制であります。「数々戦い、数々勝つ者は禍なる哉。そは人の怨みを受くべければなり」と、古の兵書に戒めてあります。
アメリカの特殊戦争も、局地戦争も、世界の人の怨嗟の的となっております。
さらに全面核戦争を行う、大悪魔王、最後の悲劇を地上に演ぜんと欲するのでしょうか。止めよ止めよ殺人破壊、汝、人間の面皮に対して
(1965年頃)



朝鮮戦争

朝鮮戦争



ベトナム戦争

ベトナム戦争



原子爆弾の被爆者

原子爆弾による被爆者


この一念が世界を平和ならしめる

「アメリカに唆されている」 昭和四十一年三月十九日 茨城県百里原道場

いま日本国の政府がアメリカに唆されまして、終戦後一度武器をすてて今後の世界情勢は武力や戦争で解決すべきではないから、一切話し合いでどんな紛争も片付けようといって、武力を捨てて戦争を放棄しましたが、アメリカは勝ちに乗じて、世界を支配する気分を起こしました。
それでまず日本をその足場にして、それから朝鮮、タイを経て大陸に向かって支配力を進めようとしまして、朝鮮戦争を起しましたが、それがうまく行かなかったので、これは唯足場に日本を使うだけではいかないから、日本の青年を使って再び戦争に立たせようということに腹を変えました。
これは始めは警察予備隊なんていうておりました、遂に自衛隊という軍隊に作り上げてしまいました。そうして自衛隊が今度は飛行基地まで作って、立派な戦闘部隊が出来ました。これは日本国を守りますよりは、アメリカがアジア支配の上に日本の兵隊を使うつもりであります。この間、議会で佐藤栄作が沖縄が若し攻撃されたならば、我が同胞の仲間が敵の攻撃をうけたら大変だから、日本も自衛隊を派遣して、応戦せねばならんと言い出しました。これは社会党が取り消すように申し込みましたが、取り消さないつまりでおりましたところ、どうもあんまり受けが良くないので、遂にそういう事は実は出来ないのだという話にしました。

「クーデターを起さすものは誰か」

この軍隊が出来ればやがて戦争を起し、戦争になります。戦争を起すのみならず、今度軍隊は唯ぶらぶら遊んではおりません、権力を掌握します。その権力を握る為には又軍隊が必要になります。それでアメリカが日本に軍隊を作らせて、その軍隊の幹部はアメリカが教育しております。
そのアメリカの教育した軍隊が、アジアでもアフリカでも、クーデターと申しますが政府をひっくり返して、政権を取っております。政権を取ればアメリカが金を貸し、それから武器を貸してやります。そういうものは皆アメリカの奴隷であります。この世界中をアメリカの奴隷にしょうとして、まず日本国をその足場に使っております。その一つがこの百里原になりました。
戦争勢力に抵抗する日本民衆の平和の祈りがこの道場となりました。お寺は小さくても責任は重いのであります。


「砂川基地の不思議な事故」

ほかにも東京の付近に砂川という処がありますが、そこにも畑の中に小さい小屋を建てまして、そこで平和祈念のご修行をしております。今日までその道場はまだ動きませんが、不思議な事に、そこに石の宝塔様を建てましたときに。防衛庁は建ててはいかないの、取り壊すのと言って居りましたが、その矢先に向こうの飛行機が何か事故を起しましてつまずきました。
それから最近、砂川の裁判でありますが、いよいよ無茶苦茶で、飛行場が出来たことは憲法に抵触しないといってどんどん拡張工事をしております。その拡張工事に日本山の道場が邪魔になるというので、いろいろと取り壊しの接取計画をしておりますが、この間、又大型輸送機が危なくつまずきまして、飛び立つ飛行機が飛び立ち損ひました。大した被害はありませんでした。それで宝塔様を壊すことも無しにお寺も壊さず、中で庵主さんがご祈念いたしておりましたが何事も別に無くて、飛行機だけの事故で終わりました。
もう二度ありました。三度あるかも知れませんが、これは本当に命がけでおらねばなりません。

「祈りが勝てば基地拡張は食い止められる」

今度の飛行機事故はどんな事になるか解かりませんが、最後どんなになりましても、日本国の平和を守る為に、そうして世界平和をいいますが、それは理屈ではいかないのであります。この世界の平和を守る上の大きい力になります。
砂川にしてもその通り。この敵を殺す戦争の力の下に、これを食い止める道を考えていきます。
平和の手段でこれを求めます。是非に人殺しをして、守ったり勝ったりして貰わなくてもよい。
世界のどの国とも、どこの人とも共に仲良く暮らすように祈っていきます。この祈りが勝てば飛行場の拡張も食い止められましょう。若しこの祈りが負けたとき、世界中も又日本もあの広島、長崎の悲惨な姿になってしまいます。

「この一念が世界を平和ならしめる」

小さいからといって侮れません。この一念は神様仏様の三世諸仏のお心に叶い、一切衆生の願いを代表しておるものでありますから、このご草庵が小さくても、此処でお太鼓を撃つ人が少なくても、この祈る一念が必ず世界平和の祈りを叶えて行くのであります。
日蓮大聖人様が佐渡の島で一間四面の荒れ堂で暮らされながら、然しやがて日本国一同に南無妙法蓮華経と唱えることは、大地を的として矢を放つより確かだと信ぜられておりましたが、そのお志を私らも継ぎまして、印度に渡って印度の独立もほんの三、四名のお弟子と一緒に御祈念いたしましたが、不思議として印度の独立を助けました。
ここにこんな軍事基地や政府を前にし、アメリカを前にして、そうして最新式の武装をした軍隊を前に置いて、あなた方の仕事はやめなさい。こちらの方で世界平和日本の平和を守りましょうと声高らかにお祈りをいたします。これが叶えば日本国は安全であります。これは叶わせねばなりません。
人数が少なくても、それからお堂が小さくてもそんなことは問題ではありません。この一念が必ず世界の平和を作らねばならんと祈る、この一念が必ず世界をして平和ならしめて行きます。
南無妙法連華経

http://www.youtube.com/user/costarica0012#p/f/215/BWb30Y1vSn4 


台北 花市

台北 花市



プロフィール

gyousyuusan

Author:gyousyuusan
日本山妙法寺開山 無辺行菩薩 藤井日達大聖人様の御法話を中心として世界平和にかかわる事を発信して行きます。

大津行秀

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
カウンター
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。